脚やせの為のツボを刺激

効果的なツボを押してあげることで血行が改善し、疲労物質の蓄積が減少しますので、その結果足のむくみを改善させることができるのです。
両手の親指でグっと力を入れて押すようにツボを刺激してあげるようにしましょう。

 

ツボを押す部分がセルライトなどといった頑固な脂肪によって固くなってしまっている場合もあることでしょう。
ボールペンの先にガーゼを巻くなどしてツボを押すことで、ピンポイントで指が痛くならずツボを押すことが出来るでしょう。
毎日のようにエクササイズやダイエットなどをしていて、全くその努力が目に見える形で現れない方もいらっしゃるかと思います。
中には間違ったダイエットを実践してしまっている方も多いので、まずはエステのご利用をオススメします。 脚やせとして即効性はあまり期待することが出来ませんが、毎日継続することで脚やせ効果に繋がってくるのがツボ押しなのです。
体内の血行が良くなったり、さらには新陳代謝がツボを押してあげることで改善されます。

 



脚やせの為のツボを刺激ブログ:170917

内臓脂肪は健康を害するリスクを高めますが、
有酸素トレーニングを行うことで、皮下脂肪に比べると、
脂肪が素早く落ちるというメリットがあります。

しかし、有酸素トレーニングは、
からだを引き締める筋肉は付きにくいという特徴もあるので、
減量のためには、
筋肉を鍛える無酸素トレーニングを行う必要もあるのです。

有酸素トレーニングと、無酸素トレーニングを組み合わせることによって、
筋肉の量が増えることで内臓脂肪を落とし、
皮下脂肪も燃焼しやすいからだを作ることができます。

筋肉が付くことで、からだは引き締まりますので、
アンチエイジングを考えた減量が実現できるんですね。

有酸素トレーニングで代表的なのは
ウォーキング、水泳、ジョギング、サイクリングですが、
どの有酸素トレーニングでも、きちんと呼吸を行って、
リラックスしながら行うのが良いみたいです。

呼吸を行うというのは、
ウォーキングやジョギングでも
会話ができるスピードをキープするという意味です。
会話を楽しみながら…というのが理想的なんですね。

無酸素トレーニングは、
トレーニング器具や短時間で素早く走るランニングが良いのですが、
高いトレーニング器具をわざわざ購入する必要はありません。

ダンベルを使って、
ひとつひとつの筋肉を
じっくり鍛えるだけでも十分に効果がありますよ。

ただし、からだに無理をさせないくらいに設定した、
重さのダンベルから始めるようにするのが大切です。

女性の場合は1キロくらいかでも十分に効果がありますので、
慣れてきたら少しずつ重さを増やすようにすると良いでしょう。

有酸素トレーニングと、無酸素トレーニングを組み合わせて、
理想のからだ作りを目指しましょう!